発症の可能性

うつ病は誰にでも起こりうる病気です

現代では、うつ病とは誰にでも起こりうる病気の一つです。仕事を毎日頑張っている方や家事を頑張っている主婦の方でも、何かのきっかけで急に無気力になってしまうこともあるかもしれません。 うつ病の症状としては、躁鬱した心の状態があることや、今まで熱心に取り組んできたことに対して興味が持てなくなってしまうこと、また自殺願望があることなどです。 行動面では、過食や拒食になったり、今までは友人と会って楽しんでいたのに、人と会うことを拒否するようになったりします。 原因としては、個人差があり脳の異常によって起こるのですが、ストレスを溜め込み、心の欲求を我慢している状態が続くことで、うつ病になる可能性があります。

病気の症状を改善する為には周りの理解も必要です

うつ病の症状がある場合、本人が気づいていることもあれば、家族や友人などが、少し様子が変だなと感じる場合もあると思います。 そのような症状がある人に対して、頑張って、という言葉は絶対に言わない方が良いです。本人は、すごく頑張って、無気力状態と戦っている気持ちなので、この言葉を言われると、むしろ落ち込んでしまい、自分は駄目なのだ、というように更にネガティブな考えになってしまう可能性があるからです。 家族も、うつ病の症状がある人に対しては、色々と気を使うと思いますが、自然に対応することを心がけてほしいと思います。 なるべく、本人が楽しいことや好きなことをして笑顔を取り戻せるように、普段通り、笑顔で接してください。